使用済み切手で
アジアに医療協力を
封筒やはがきに貼られ、スタンプを押された切手をどうしていますか?
ほとんどが捨てられる運命にあります。しかし、それを集めることで、お金に換金され、そのお金でアジアを中心とする医療に恵まれない地域に医療従事者を派遣することができます。
この事業を行っている
JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)では、切手だけで毎年2000万円以上の利益があり、この事業を支える資金として役立っています。

使用済み切手の流れ

1. 封筒やはがきに貼ってある切手の回り0.5〜1cmくらい残して切り取ります

2. 折れたり、傷がついたりしたものは除きます

3. 日本の切手と外国の切手に分けて、JOCSへ送ります

4. 集まった切手をボランティアの人たちが整理します

5. 10kgの箱詰めにして、切手を集めている人に買ってもらいます

6. そのお金がお医者さんや看護師さんを海外に派遣したり、海外のお医者さんや看護師になりたい人たちが勉強するために使われています


切手は直接JOCSに送られても構いませんが、なるべくまとめて送った方が手間がかかりませんし、こちらできちんと整理をして送るようにしたいと思いますので、御協力をおねがいします。

尚、使用済みのテレホンカード、ハイウェイカードなども役に立ちます

送り先 〒861ー1115熊本県合志市豊岡2000ー679
小さな一歩の会
お問合せはこちらへ
戻る